英語の資格「TOEIC」

皆さんはTOEIC(トーイック)って聞いた事ありますか? 英語の資格と言えばTOEICというくらい有名なので、ご存じの方が殆どだと思います。
さて、転職を考えているならTOEICは是非とも受けておきたい物のひとつです。
TOEICとは「Test of English for International Communication(国際コミュニケーション英語能力テスト)」の略です。
簡単に言うと「英語を使ったコミュニケーション能力のテスト」みたいなものです。
このTOEIC、日本では最もポピュラーな英語テストなんです。
それだけに外資系企業や大手企業では必ずと言っていいほど評価の対象になります。
TOEICは10~990点までのスコアによって評価されます。
点数が高い程評価が高いということですね。

スコアが高いとどれくらい評価される?

さて、ここで「990点まであることはわかったけど、どのくらいとれれば評価されるんだろう?」って疑問が浮かびますよね。
残念ながら求められる評価は会社によって変わってくるので絶対という基準はありません。
しかし一般的な「基準となるスコア」というものはあるようです。
英語を使わない仕事では600点以上、英語を使う仕事では800点以上が大まかな目安になります。
そして勉強方法ですが、様々な所から問題集や参考書が出ているので、それらを使って勉強すると近道になると思います。
とはいえ、英語力はそう簡単に身につくものではありませんから日々の努力を欠かさないようにしましょう。
毎日コツコツと勉強することが一番の近道です!