パソコン資格の代表「MOS」

次に紹介したい資格はMOSです。
「ん?TOEICは聞いたことあるけどMOSって何?」って思ってしまう人、多いんじゃないでしょうか?
MOSとは「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)」の通称になります。
Microsoft Officeと聞いてピーンと来た人もいるのではないでしょうか? そうです。
Microsoft Office製品に含まれるソフトの技能資格になります。 有名なのは「Excel、PowerPoint、Word」ですね。
様々な場面で使われる資料制作をするための必須ツールでもあります。
Office製品は、どこの会社でもあらゆる業務で必須とされるソフトなので ExcelやPowerPointを熟知しているという証になるMOS資格は即戦力を期待できるという意味で 転職において自身のスキルアピールポイントにできるでしょう。

画像出典元:https://dekiru.net/category/windows-office/excel/

パソコンスキルをアピールできる

このMOS、受験料は1科目10,584円と少し割高ではありますが、様々な業務で必須のスキルであることや 自身のスキルアップのメリットを考えると受けて損はないでしょう。
MOSの資格を取っておけば資料制作が出来るというアピールだけでなく、転職先の様々な実務において役に立つこと間違いなしです!